2011年01月28日

AIR「キララときめきロード」

和歌山県には「キララときめきロード」と言う道路があり、それは、有田市から御坊市まで続く、海岸線の複数の県道から構成されている。
有田市から湯浅町までの区間は、ワリと整備されており、国道42号で行くよりも、「キララときめきロード」で行く方が、時間も距離も短縮されるため、地元の人には良いバイパスとして利用されている(そのため幅員のせまい区間では、対向車に苦慮することも多い)。

この「キララときめきロード」は広川町の広川インターへの分岐交差点以降は、幅員の厳しい区間が多くなる。
しかし、終点・御坊市の手前・美浜町付近まで来た時、僕は「となりのトトロ」の世界に迷い込んだような不思議な気持ちになったのを覚えている。

しかし、去年、あることを聞いた。
「京都アニメーション制作のアニメ・AIRの舞台は御坊市である」と。
AIRと言えば原作はゲームであるが、オープニングテーマの「鳥の詩(とりのうた)」は、とにかくインパクトがあり、僕もこの歌には非常に興味があった。
残念ながら、僕はアニメ・AIRをまともに見ていないため、評価することができない。
でも、「鳥の詩(とりのうた)」のオープニングを見たいがために、第1話と第2話の冒頭を見てみた。
すると、いずれの回も物語は海岸線から話が始まっている。
舞台が御坊市ならば、この海岸線は、お隣・美浜町のモノだと考えられる。

京都アニメーションのスタッフも美浜町に心奪われるモノがあったのかと妄想すると、胸が熱くなるなw


http://www.youtube.com/watch?v=WaAlMpLzN1U&feature=related
posted by ソニック@au4 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43013435
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック