2011年02月11日

純増も利益も取りにいく−なりふり構わないドコモの戦略−

今日、某家電量販店に行き、ビックリした。
大人気機種のギャラクシーSとギャラクシータブ、それとリンクス3D、さらに防水のレグザ・スマートフォンが、MNP、新規、機種変更の、いずれの場合でも、0円で販売されていたのだ。
ただし、1つだけ条件がある。
それは、モバイルWi-Fiルータを新規0円でセットで買うこと。
しかし、モバイルWi-Fiルータを持っていないマニアな方なら、喜び勇んで、上記4機種から好きな機種を選び、Wi-Fiルータとセットで買うだろう。
上記4機種は、いずれも名の知れたスマートフォンで、大人気機種なのだ。
こんな良い条件で買えることは、非常に喜ばしいことだ。

ただし、ドコモにとっても、利益が出る良い販売方法だと思う。
この販売方法は、純増だけでなく、莫大な利益も期待できるのだ。
あまり携帯に詳しくない方なら、スマートフォンとWi-Fiルータの両機種とも、パケット通信料を上限まで使ってしまうことが容易に想像できる。
携帯マニアな方なら、うまくパケット通信料をおさえる方法を知っているものだが、一般顧客はそこまで詳しくない。
機種変更も可なので、ガラケーだとパケットをあまり使わなかった人も、スマートフォンに機種変すると、パケット通信料も大幅に増えるだろう。
むしろ、ドコモにとっては、オイシイ顧客かもしれない。
ドコモには、莫大な通信料が毎月入ってくることも、予想されるのだ。

この販売方法で、純増と利益を総取りできるかが、注目される
posted by ソニック@au4 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43364984
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック