2012年02月27日

東のエデン

昔に、地デジで「東のエデン」TVシリーズ11話を見て、今月に入り、アニマックスで、地デジの続きの劇場版「東のエデン」2作品を見た。

まあ、ネタバレになるけど、劇場版1はニューヨークだがワシントンだかがメイン舞台で、何だかごまかされた感じで、
2はアメリカから日本に帰国して、物語を締めにかかる内容。

TVシリーズのクライマックスでは、メインヒロインが主人公の過去を少し聞き、主人公の辛い過去(ただし、具体的な話ではなく、あいまい)に泣いてしまいシンミリ感を出し、
劇場版2でも、心象的なメインヒロインのナレーションでシンミリさせ、そのまま話をまとめたような気がした。
要するに、物語のストーリーで話をまとめたのではなく、メインヒロインの醸し出す(かもしだす)雰囲気で、映像作品(TV 及び 劇場版 アニメ)として完成させた気がする。

まあ、作品として広げた大風呂敷が大きすぎて、こうするしかなかったと思うけど、風呂敷のワリには、セコいまとめ方だったとは思う。

地デジ版は見たのが前すぎて、その時の感想までは細かく覚えてないけど、面白かったと思う。
劇場版は、1より2しか面白いと思う。

ラストにこだわらなかったら、良い作品だと思う。

ではでは
posted by ソニック@au4 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54169994
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック