2012年03月24日

ワシが育てた ツイッターと孫社長

ツイッターって、海外のSNSながら、利用者の日本人比率が高い、ちょっと変わったSNSだと思う。

僕が知る限り、ツイッターが日本で流行ったのは、孫社長がiPhoneに極めて適したサービスとしてプッシュしまくり、さらに孫社長 自らが利用し、宣伝しまくったからだと思われる。

孫社長からフォローされたソフトバンク信者が超有名になったり、また、孫社長に文句を言ってやろうと言うスタンスのドコモ信者などが集まり、孫社長に文句を書きまくったりしながら、ツイッターの利用は拡大していった。

しかし、孫社長からフォローされたソフトバンク信者は神格化されたが、それに及ばずともレスをもらいたい人は多数いた。
それはドコモ信者にも何割かおり、孫社長に反論してもらいたくて、苦情を送る。
しかし、運良くレスをもらえたドコモ信者のアカウントには、ドコモ信者とソフトバンク信者の壮絶なバトルに巻き込まれ、炎上することもあり、
「レスすんな。影響を考えろ」
と、さらに孫社長を攻撃する材料にされたりした。

このようなことを繰り返しながら、ツイッターは、日本国内で利用が拡大していった。


ーおわりー

何となく書いてみたが、あんまり面白くなかったw
posted by ソニック@au4 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54611750
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック