2011年04月17日

もはや遅い判断では、いけない。KDDI経営陣は迅速な対応を

僕が、KDDIの株を1株だけ持ってるからでもあるのだが、KDDIの経営陣には、迅速な対応で、株主にも、利用者にも、満足感を与えて欲しいモノだ。

先の東日本大震災の影響で、福島第一原子力発電所で、史上最悪のレベル7と言う深刻な放射能飛散事故
を巻き起こした東京電力は、保有するKDDI株(全発行済み株式総数の約8%、時価約1,800億円)の売却を検討し始めたようだ。
もちろん、原子力災害の賠償資金が必要な東京電力にとっては、妥当な判断だ。
KDDIも東日本大震災によって、携帯電話基地局や、固定回線などに甚大な被害が出ており、それら設備の復旧費用に多大な資金が必要だったはずだし、これからも必要なはずだ。
この難局をうまく乗り切って欲しい。
今までのような、のろまな経営判断ではなく、迅速な判断を、KDDI経営陣には期待したい。

昨今の携帯電話業界は、スマートフォンがブームであり、今やスマートフォンは、携帯電話事業者にとって、なくてはならないアイテムになったと言えよう。
なかでも、僕が以前から注目していたスマートフォンメーカーはHTCだ。
聞くところによると、HTCを日立の略だと勘違いしている人も珍しくはないようだが、HTCは台湾のスマートフォン専業メーカーだ。
HTCのスマートフォンは日本国内でも、ドコモ、KDDIをはじめ、ソフトバンク、イー・モバイルに至るまで、販売実績がある。
なんだか、ドコモの関心はGalaxyシリーズを擁するサムスンに移ったような気がするのだが、現在、ソフトバンクではHTCのDesire HDを激安販売しており、日本国内での注目度が落ちているわけでもない。
ソフトバンクはiPhoneに力を入れており、どうしてもHTC Desire HDは、iPhoneの陰に隠れてしまうところがあった。
そのため、Desire HDが売れず、春商戦をひかえ、さらにauからCDMAだけでなく、より高速なWiMAXにも対応したHTC EVO WiMAXが発売される前に、Desire HDの激安販売に踏み切ったモノだと思われる。
しかし、EVO WiMAXは、アメリカではWiMAXが4G通信方式だとして、EVO 4Gとして販売されている良い面もあるが、アメリカで販売が開始されたのは、去年6月。
EVO WiMAXは、非常に古い端末であると言える。
しかし、日本国内メーカー製のスマートフォンの性能が低く、さらに通信方式にWiMAXが採用されているため、現実的な使用感としては見劣りしない、と言う特殊な端末ではある。

そんな中、アメリカでまたスゴい端末が発表された。
HTC EVO 3Dである。
3Dディスプレイが採用されるため、端末名がEVO 3Dになっているようだが、通信方式にはCDMAとWiMAX、CPUにクアルコムのスナップドラゴン1.2GHzデュアルコア、メインメモリも1GB搭載されていると言う話である。
一方、HTCはSensationと言う端末も発売するそうで、こちらはW-CDMA方式に対応し、CPUはスナップドラゴン1.2GHzデュアルコア、メインメモリは768MBだそうである。
3Dディスプレイは搭載しない。
僕も3Dは目が疲れるので嫌いなので、ディスプレイはSensationの方が期待できる。
あと、EVO 3Dのメインメモリの容量も768MBかもしれないのだが、いずれにしろ素晴らしいスペックだ。

KDDIには、ソフトバンクがSensationを発売する前に、EVO 3Dを発売して欲しいのだが、通信方式がCDMAとWiMAXな分、ソフトバンクより遅れるのは仕方がない事かも知れない。
しかし、KDDI経営陣には、迅速な判断で、この難局を乗り切って欲しい。

デザイアHDとギャラタブとIS01


この機会に、僕もソフトバンクの激安Desire HD買わせてもらいました。
画面が汚く見えるかもしれませんが、目が疲れないように、画面暗めに設定しています。
posted by ソニック@au4 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2011年03月21日

縮む距離感−KDDIと米スプリント・ネクステル−(追記あり)

スプリント・ネクステルは、全米第3位の大手携帯電話事業者で、800MHz帯でiDEN(ネクステル)、1.9GHz帯でCDMA2000(スプリント)のサービスを展開している。

さらに大手ケーブルテレビ会社との合弁で、WiMAXサービスを展開するクリアワイア社にも出資している(クリアワイアは合弁企業と言いながらも、スプリントの出資比率が過半数を超えている)。
スプリントの計画では、今後、800MHz帯iDENのサービスをやめ、800MHz帯でLTEのサービスを展開するとしている。

ここまで書いた段階で、KDDIとスプリントが非常に似た企業であることが、分かってもらえたと思う。
KDDIは800MHz帯と2.1GHz帯でCDMA2000サービスを展開し、今後、800MHz帯にはLTEを展開する予定である。

さらに、国内第2位のケーブルテレビ会社「ジャパンケーブルネット(JCN)」を子会社に持ち、国内ケーブルテレビ最大手の「ジュピターテレコム(J:COM)」の第2位株主でもある。
関連企業にWiMAXを展開するUQコミュニケーションズも持つ。
KDDIとスプリントは共通点だらけだ。

さらに最近は、スプリントの発売するCDMA2000とWiMAXに両対応したスマートフォンを、日本国内に投入する動きを見せており、ネットワークだけでなく、端末面でも共通化されつつある。

そして、実は、スプリント・ネクステル社とクリアワイア社は、経営危機に陥っている。
とは言え、全米第3位の携帯電話事業者であるスプリントの加入者数は、ドコモより若干少ないだけで、非常に多い。

今は東日本大震災の影響で、KDDIを含め、日本の通信会社のサイフも非常に厳しいだろうが、一方、海外にはャンスも広がっている。

追記

どうやら、米携帯電話事業者2位のAT&Tが、ドイツテレコム傘下で4位のT-Mobile USAを390億ドルで買収すると発表したそうです。
現在、アメリカは大手4社の携帯電話事業者と、それとは別の地域携帯電話事業者で市場が形成されています。

力関係は、

ベライゾンは、9,410万加入、売上高634億ドル、ネットワークはCDMA2000とLTE
AT&Tは、9,550万加入、売上高585億ドル、ネットワークはW-CDMA
スプリントは、4,990万加入、売上高326億ドル、ネットワークはCDMA2000とiDEN
T-Mobile USAは、3,370万加入、売上高213億ドル、ネットワークはW-CDMA

だそうです。

http://wirelesswire.jp/Watching_World/201103211430.html
posted by ソニック@au4 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2011年02月26日

携帯電話あれこれ「激化する高速化競争」(途中に追記)

さて、最近、KDDIに「変化の萌芽」が出始めており、今後に期待できます。

まず月曜日に、auの新機種が発表される見込みです。
一部報道によると、ソニー・エリクソンのXPERIA arcと、HTCのCDMAとWiMAXに両対応したEVO 4Gだと言われてます。
また、先日、auのCDMA網には未対応ですが、サムスンのタブレット端末を、auが発売することも発表されました(通信はWi-Fiでする)。
そして、先日、アップルのCDMA iPhoneが米ベライゾンから発売されました。
これらが全てauにとってうまく回ると、世界的なスマートフォン四天王であるアップル(iPhone)とサムスン(Galaxyシリーズ)とHTC(デザイア)とソニー・エリクソン(XPERIA、PSフォン?)がauに端末を卸す日も近いかもしれません。
これは期待できるかもしれません(サムスンはauの基地局ベンダーでもあるそうです)。

さらに今日、関西電力系のeo光が、UQのWiMAXを利用したサービスを展開してるのを知りました。
サービスエリア図もUQとそっくりです。
http://eonet.jp/eomobile/wimax/area/
KDDIと関西電力のさらなる接近はあるのでしょうか。

追記

eo光のWiMAXサービスに触れたのは、電力各社は、東京電力に「PHSやろう」と誘われたと思ったら、真っ先に鷹山に売却されたり、光ファイバーを誘われたと思ったら、真っ先にKDDIに売却されたりして、電力各社は東京電力に、不信感を持ってると考えてます。
そんな中、東京電力に距離を置く代表格が、最もPHSを頑張った関西電力と考えており、関西と言う市場的にも、電力各社と話をまとめるのにも、関西電力とも良い関係を築く必要があると思います。
eo光がWiMAXを利用していると言うのは、KDDIと関西電力の関係が悪くないと考えられ、僕にとっては、良いニュースなのです。
だから、取り上げてみました。

追記終わり


話は、大きく変わって、ドコモファンについて書いてみます。
あまり、良い事は書かないので、ドコモファンの方は、この先読まない方が良いかもです。


ソフトバンクがKDDIの元子会社ウィルコムを買収してから、しばらく経ちます。
ソフトバンクはウィルコムの16万にのぼる基地局を携帯電話に利用するのを画策したり、
KDDIでは実現できなかったことを、あれこれ画策するのは、KDDIファンにとって非常に歯がゆい限りです。
さらに、ソフトバンクは普及の進まない次世代PHS(XGP、neXt Generation PHS)の周波数まで有効活用を画策するなど、非常にウマいです。
XGPの周波数は2.5GHz帯と言われるもので、世界的にはWiMAXやTD-LTEに利用されるモノと言われてます。
さらに、XGP、WiMAX、TD-LTEの3規格は、共にOFDMAとTDDと言う技術を利用しています。
はっきり言って、中身はほとんど変わらないのだそうです。
WindowsパソコンとMacが、コンピュータの構成が同じなのに、上に乗っかってるOSがWindowsかMacOSかぐらいしか違いがないのと同じで、実は、無線通信の世界でも、色々な規格の中身は、そう変わらないのだそうです。
で、XGPとWiMAXとTD-LTEもOFDMAとTDDと言う組み合わせで、中身はほとんど同じなのです。
(ちなみに、OFDMAとFDDの組み合わせなら、LTEと言う方式になります)
そして、PHSと言うサービスは日本で生まれたサービスで、海外ではほとんど採用されませんでした。
さらに、日本国内でもアステルが撤退し、NTTパーソナルも撤退した結果、残ったのはウィルコム1社のみになりました。
ウィルコムはPHSの規格を自社で策定し、世界でもウィルコムしか採用しないPHSを展開すると言う無線通信界の異端児としての道を歩まざるを得ない、そう言う状況になるところでした。
しかし、このような苦境で経営に行き詰ったウィルコムに、唯一、救済の手を差し伸べたソフトバンクの孫社長は、PHSの規格を自分で決められると言うのをうまく利用し、XGPの中身をTD-LTEと同じモノにしようと、ウマい事たくらんでいます。
これにより、ソフトバンクはXGPの帯域で、TD-LTEを展開しようとしているのです。
おいしいですなw
ドコモが、2GHz帯を使い、LTEの展開に四苦八苦する中、ほとんどまっさらの2.5GHz帯でTD-LTEを展開できる。
これにより、ドコモを置き去りにし、TD-LTE対WiMAXの高速通信バトルに突入するのかと思われました。
都市部でエリアの完成しているWiMAXと、世界的により普及すると思われるTD-LTEの高速化バトルは興味深いです。
ソフトバンクの携帯にもTD-LTEが乗ることが予想され、auも携帯にWiMAXを乗せて対抗するとすると、ドコモは整備の進まないLTEで完全にスピード競争から出遅れます。
さらに、ソフトバンクには、世界的に最も利用されている900MHz帯が割り当てられると考えられ、現在の第2次基地局倍増計画とあわせて、ソフトバンクのエリアは相当快適なモノになることが考えられます。
これに異を唱えたのは、自らが手放したウィルコムを有効利用されるKDDIのファンではなく、王者ドコモのファンでした。
どうやらドコモファンは、ドコモに対して相当な思い入れがあるみたいで、高速通信分野で、KDDIはおろか、ソフトバンクにまで置いていかれるのには、相当な抵抗があった模様です。
さらに、ソフトバンクのウィルコムの利用は、グレー臭(白と黒の間)がただようモノであり、その点も反感を買い、ドコモファンのソフトバンクへの叩き行為は、とても見てられない、必死なモノを感じます。
一部のソフトバンクファンからは、名指しでキチガイと指摘されるドコモファンまでおり、王者の貫録もクソもあったもんじゃありません。

今後、この高速化競争は、どう進むのでしょうか。

とりあえず、来週月曜日には、KDDIから、HTC製のWiMAXスマートフォンが発表されると言われてますw
posted by ソニック@au4 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2011年02月13日

過剰なまでのスマートフォン・ブーム

昨日とある携帯マニアの方のUSTで、過剰なまでのスマートフォン・ブームについ
て語られていた。
なんでも「iPhoneを買ったは良いが、パソコンを持っていない人が多い」そうで
ある。
iPhoneは、パソコンでメンテナンスをするのが基本である。
僕はiPhoneを持っていないので分からないけど、初回起動時に(アクティベーシ
ョンするのに)パソコンは必須だったような気がする。
iPhoneを買うときは、店頭でパソコンを持っているか聞かれるようになっている
と思ったが、そうではないのだろうか。
まー、とにかく、iPhoneにパソコンは必須と言うワケだ。

しかし、僕が言いたいのはそこではない。
スマートフォン・ブームに乗っかって、「なんでお前、スマートフォン買ったの
?」って、人が増えてるそうだ。

話は変わるが、インターネットで調べてみると、「やれ、ジェイルブレイク(脱
獄)」だの「やれ、ルート取れ」だの言われている。
ジェイルブレイクとは、iPhoneの用語でアップルが禁止している行為を指す。
一方、ルートを取ると言うのはAndroidOSの用語で、こっちもたいがいキャリアが
禁止している行為をするための用語だ。
これらの行為をすると、故障時に、満足なサービスを受けられなくなったりする

これらの行為をするのは、自己責任と言うワケだ。

話は戻り、「なんで、お前スマートフォン買ったの?」だが、これは基本的には
個人の自由だろう。
操作方法が分からない場合は、キャリアショップまで聞きに行けば良い。
たまに出くわす、
「なんでお前、ジェイルブレイクしないの?バカなの?」
ってヤツ(パターン)よりはマシだ。

いずれにしろ、スマートフォンには、人それぞれの楽しみ方があって、そ
れで良いんだと思う。
posted by ソニック@au4 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2011年02月12日

CDMA iPhoneはauで使える?

米ベライゾン・ワイヤレスで発売されたCDMA iPhoneのスクリーンショットを著名なケータイジャーナリストの方が公開してくれています。
ネットワークが、「Verizon 3G」と表示されてます。

CDMA iPhone(1)


こっちの写真では、ニクい演出で、iPhoneをWiFiルータ化して、子機として、1台ぶら下げてます。

CDMA iPhone(2)


日本に持ち帰ったそうです。auの電波をつかんでるはずです。

CDMA iPhone(3)


ネットワークがローミングと表示されてます。

auでのiPhone発売に期待してしまいますな。

今日は僕も勉強して、ギャラクシータブをいじってみました。

GalaxyTabスクリーンショット


僕は、この程度で精いっぱいですw

じゃ
posted by ソニック@au4 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2011年02月11日

純増も利益も取りにいく−なりふり構わないドコモの戦略−

今日、某家電量販店に行き、ビックリした。
大人気機種のギャラクシーSとギャラクシータブ、それとリンクス3D、さらに防水のレグザ・スマートフォンが、MNP、新規、機種変更の、いずれの場合でも、0円で販売されていたのだ。
ただし、1つだけ条件がある。
それは、モバイルWi-Fiルータを新規0円でセットで買うこと。
しかし、モバイルWi-Fiルータを持っていないマニアな方なら、喜び勇んで、上記4機種から好きな機種を選び、Wi-Fiルータとセットで買うだろう。
上記4機種は、いずれも名の知れたスマートフォンで、大人気機種なのだ。
こんな良い条件で買えることは、非常に喜ばしいことだ。

ただし、ドコモにとっても、利益が出る良い販売方法だと思う。
この販売方法は、純増だけでなく、莫大な利益も期待できるのだ。
あまり携帯に詳しくない方なら、スマートフォンとWi-Fiルータの両機種とも、パケット通信料を上限まで使ってしまうことが容易に想像できる。
携帯マニアな方なら、うまくパケット通信料をおさえる方法を知っているものだが、一般顧客はそこまで詳しくない。
機種変更も可なので、ガラケーだとパケットをあまり使わなかった人も、スマートフォンに機種変すると、パケット通信料も大幅に増えるだろう。
むしろ、ドコモにとっては、オイシイ顧客かもしれない。
ドコモには、莫大な通信料が毎月入ってくることも、予想されるのだ。

この販売方法で、純増と利益を総取りできるかが、注目される
posted by ソニック@au4 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2011年02月09日

最近の通信業界について思うことをダラダラ書いてみる

KDDI、ドコモ、ソフトバンクの2011年3月期第3四半期決算説明会の動画を見てみました(ソフトバンクのアナリスト説明会はまだ見てない)。

ソフトバンクは中国のオンラインテレビ放送事業者「PPテレビ」の株式の35%を取得したそうです。

http://www.softbank.co.jp/ja/news/press/2011/20110203_01/

PPテレビは中国最大手のオンラインテレビ事業者で、月間アクティブユーザ数は1億5千万人、ユーザ1人当たりのの平均視聴時間は2時間33分/日、参加するテレビ局は120局、2万チャンネルだそうです。
これは大きなニュースです。
孫社長は、アップルがiPhoneをアメリカのCDMA2000事業者に提供し始め、「日本でもauからiPhoneが出るのではないか」とささやかれ始めた中、良いニュースを持ってきました。
うまく、決算説明会を切り抜けたと思います。
また、ソフトバンクは、携帯電話の基地局の整備にも力を入れており、インフラ面での強化にも力を入れてます。
今後、ソフトバンクには真の世界標準とも言える900MHz帯が割り振られることが予想され、既存のインフラ強化との相乗効果により、ソフトバンクのインフラ能力は、相当改善されると思います。
でも、iPhoneに関しては、不安が残りますが…。
また、PPテレビは「光の道」でも効果的なコンテンツであり、光の道の巻き返しに使われる可能性もあります。
ただ、光の道の議論に関しては、「すでに終わった」感も強く、そのことを考えると、もっと早く話をまとめる必要があったと思われます。
ただ、「ソフトバンク以外からもiPhoneが発売されるアップル不安」から、視線をそらすタイミングで発表されたことから、孫社長的には、光の道よりiPhone問題の方が、重大な問題のようです。
個人的には、KDDIに、
「我々は、日本におけるケーブルテレビの圧倒的ナンバー1事業者だ。一緒にやって行こう」
と、PPテレビに接触して欲しかったな、と思います。
PPテレビがソフトバンクに持って行かれたのが、くやしいですねw

しかし、KDDIにも良い話がありました。
クレディスイス証券が、スマートフォンに力を入れ始めたKDDIを「変化の萌芽の段階」と好評価。
昨日、今日と、KDDIの株価が上昇しています。
KDDIには、CDMA iPhoneをはじめ、多くのグローバル端末を発売して欲しいです。
アメリカには、CDMAとLTEを運営するベライゾン・ワイヤレスや、CDMAとWiMAXを運営するスプリントなど、KDDIとネットワーク構成の近い通信事業者がありますから、両社のスマートフォンを日本でも発売出来ないか、頑張って欲しいです。
また逆に、両社との関係を深め、日本製の携帯電話やスマートフォンの輸出面でも、バックアップ出来たら良いのにな〜、と期待しています。
これで、WIN-WIN関係を築ければ、理想的です。
そのためには、日本メーカーにも、より一層の競争力を着けてもらう必要がありますが…。

ドコモの決算説明会は、なんだか設備投資費を「抑制する」だの「横横(よこよこ、現状の投資水準で維持)」だの、あまり、積極的な印象を持てませんでした。
ドコモはこの不況の時代においても、日本のほこる超優良企業であるのは疑いようのない事実であるため、もっとアグレッシブに攻めても問題ないように思います。

ただ、ドコモはインドにおいて携帯電話事業者(インフラ会社)として参入しているため、KDDIにも頑張ってもらいたいです。
KDDIはパラグアイにてGSM1900を運営する携帯電話事業者「オラ・パラグアイ」(元・連結子会社)の株を全株売却したため(ツイッター情報)、この件は残念に思います。

なにはともあれ、通信業界の発展と健全な競争を祈ります。

もちろん、KDDIに勝って欲しいですが…。
posted by ソニック@au4 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2011年01月29日

KDDIの決算説明会動画見てみた

僕にとっては恒例なんだけど、KDDIの2011年3月期第3四半期決算説明会の動画を見てみた。
アメリカのWiMAX大手のクリアワイヤーが経営不振になっているからか、UQの出資をどうするのかの質問があった。
僕は、手放すのにはもちろん反対だし、国が許可すれば子会社化すべきだと思う。
WiMAXが立ち行かなくなったら、TD-LTEに鞍替えすべきだと思うが、これにも国の許可がいるし、今はWiMAXで頑張るしかない。
そして、子会社化(しつこい)。

KDDIの田中社長が国際化に前向きなのも、評価できる。
僕はKDDIには、海外の携帯電話キャリアを買収してもらいたい。
昨年、前社長時代に、子会社でパラグアイで携帯電話事業をしているオラ・パラグアイの株を手放したそう(ツイッター情報)で、これは非常に残念な結果だと思う。

Wi-Fiの重要性も分かった。トラフィックは局所的に上がるそうなので、Wi-Fiの整備は重要なのだと言う。
ソフトバンクがWi-Fiに注力するのも分かる。
この点は、孫社長は、やっぱり先を見てると思った。
KDDIもWi-Fiサービスを営むワイヤー・アンド・ワイヤレス(旧アッカ・ワイヤレス)に出資してるし、固定通信事業も営んでいるので、Wi-Fiの整備も頑張ってもらいたい。

来期の設備投資費の話題があったけど、来期設備投資がんばるなら、1.5GHz帯LTEを整備して欲しい。
800MHz帯LTEの開始まで、auのネットワークが頑張れるか不安な気がする。
WiMAX(と前述のWi-Fi)にトラフィックを逃がす作戦のようだが、WiMAXは都会にしかないから、むしろ地方に不安を感じる。

auのARPUを上げるため、iPhoneをはじめ、グローバル端末の発売を積極化すべきだと思う。
売上と利益をあげ、設備投資に回せるお金が必要だと思う。

あと、端末販売手数料と毎月割の関係の答弁は笑った。
でも、たしかに社長の言う通りだから、しょうがない。

とにかく頑張って欲しい。


それと、ロイター通信が報じた、KDDIがインドネシアのCATV会社(?)ファーストメディアの身売り案件に入札してると言う事案が、その後どうなったのか気になった(KDDIは、このニュースに特にコメントはしていないが…)。
誰も質問しないため、今調べてみると、ロイター通信が続報を流していて、「KDDIやSKテレコムの入札額が低すぎるため、身売りしない」そうだ(ガッカリ)
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK882766020110121
posted by ソニック@au4 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2011年01月28日

AIR「キララときめきロード」

和歌山県には「キララときめきロード」と言う道路があり、それは、有田市から御坊市まで続く、海岸線の複数の県道から構成されている。
有田市から湯浅町までの区間は、ワリと整備されており、国道42号で行くよりも、「キララときめきロード」で行く方が、時間も距離も短縮されるため、地元の人には良いバイパスとして利用されている(そのため幅員のせまい区間では、対向車に苦慮することも多い)。

この「キララときめきロード」は広川町の広川インターへの分岐交差点以降は、幅員の厳しい区間が多くなる。
しかし、終点・御坊市の手前・美浜町付近まで来た時、僕は「となりのトトロ」の世界に迷い込んだような不思議な気持ちになったのを覚えている。

しかし、去年、あることを聞いた。
「京都アニメーション制作のアニメ・AIRの舞台は御坊市である」と。
AIRと言えば原作はゲームであるが、オープニングテーマの「鳥の詩(とりのうた)」は、とにかくインパクトがあり、僕もこの歌には非常に興味があった。
残念ながら、僕はアニメ・AIRをまともに見ていないため、評価することができない。
でも、「鳥の詩(とりのうた)」のオープニングを見たいがために、第1話と第2話の冒頭を見てみた。
すると、いずれの回も物語は海岸線から話が始まっている。
舞台が御坊市ならば、この海岸線は、お隣・美浜町のモノだと考えられる。

京都アニメーションのスタッフも美浜町に心奪われるモノがあったのかと妄想すると、胸が熱くなるなw


http://www.youtube.com/watch?v=WaAlMpLzN1U&feature=related
posted by ソニック@au4 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2011年01月15日

議論が白熱するCDMA iPhoneについて

先日、米ベライゾン・ワイヤレスが2月から発売すると発表したCDMA iPhone4。
この端末は、日本へのローミングインに対応していると言うことで、ギークを中心にauで発売されるかされないかの予測が、議論を呼んでます。
ベライゾン版のCDMA iPhone4は、800MHz帯と1900MHz帯への対応がアナウンスされています。
日本の2GHz帯は別名2100MHz帯と言われるもので、1900MHz帯とは似て非なるモノです。
最近の日本国内での周波数再編議論で話題にのぼっているので、記事を探せば、主要国の携帯周波数グラフが見つかると思います。
2100MHzと1900MHzは非常に面白い関係になってて、笑えますよ。

で、本題。
僕の予想はCDMA iPhone4は、auの新800MHz帯に対応しているモノだと思います。
ベライゾンの800MHzとauの800MHzは違うと言う人もいますが、auのグローバルパスポートCDMA機(国際ローミング機)は、アメリカでどのようにローミングされてるのだろうか。
800MHz帯で対応しているのでしょう。
CDMA iPhone4も同じだと思います。

しかし、auの新800MHz帯は現在5MHzしか使えません。
2012年に追加割り当てされる新800MHz帯の10MHz分も、LTEに使用されることが決定済みで、CDMA2000での使用予定はありません。

そのため、ベライゾンのCDMA iPhone4をそのままの状態でauが発売されれば、auのネットワークはiPhoneのトラフィックを支えきれなくなり、パンクするでしょう。
モバイルWi-Fiルータと併売してトラフィックを分散させるなり、iPhone自体に、auの周波数にさらに対応してもらうなど、何らかの対応をする必要があると思います。

ここから先、いきなり結論を書きますが、CDMA iPhoneをauで発売するには、KDDIがアップルに頭を下げて、さらに周波数対応費用(別名契約金?)をアップルに渡して、auの周波数に対応してもらう必要があると思います。

要するに、KDDIがどこまでアップルに頭を下げ、お金を払うかに、auでのiPhoneの発売はかかってると思います。

ドコモのように発売できるはずなのに、アップルに頭を下げないキャリアもいるので、そこのところ、ドコモファンの皆様はKDDIを悪く言うのは、お門違いなのですよ。
ドコモがiPhoneを発売しないのは、ドコモの都合であり、ドコモがお金でアップルを口説けば、いつでも発売できるのですから。

まー、アップルとソフトバンクは社長どおしの仲の良さもあるようですが、ドコモも頭を下げ、お金を出せば(しかもKDDIより少額ですむ)、発売できるはずです。

そのためiPhoneが欲しければ、ドコモもKDDIもアップルと交渉して、発売しようとすれば良いのです。
相手の悪口を言う必要はないのです。
posted by ソニック@au4 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2010年12月23日

今日は忘年会

今日は忘年会だった。

二次会のカラオケでは、
「ハートのエッジに挑もう Go To Heart Edge」(WORKING!!のエンディングテーマ)

http://www.youtube.com/watch?v=drGux_K_FEA&feature=related

と「キミがいれば(名探偵コナン・メインテーマ)」

http://www.youtube.com/watch?v=RFk-uQzmMaY&feature=player_embedded

を歌った。
ワリかし、場にあったアニソンを選曲してみたwww

カキフライがあったので、カキフライを食べまくった。
カキにはタウリンが豊富に含まれるので、おそらくタウリン2万mgぐらい摂取できたと思う。
タウリンが効いてきて、体の補修が始まったのか、少し眠い。
posted by ソニック@au4 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2010年12月15日

ディオンの紫のヤツにやられたドコモ連邦軍のF-06B様

ディオンの紫のヤツにやられた


いつもポケットにはauのCA003紫と、ドコモのF-6B黒を一緒に入れているのだが、F-06Bが致命的ダメージを受けてしまったようです。
F-06Bは防水Wi-Fi(親機にも子機にもなる)と言う機能に注目し、ソフトバンク823P(防水)の後継機として新規0円で購入した端末ですが、風呂場でのWi-Fi感度が悪すぎて使い物にならず(F-06Bは場所に関係なくWi-Fi子機モードの感度は悪いみたい)、たまたまついてきたフルHD動画カメラに活躍の場を求めている最中に、早くもキズモノとなってしまう失態を演じてしまいました。

F-06Bの明日はどっちだ。
posted by ソニック@au4 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2010年12月11日

天敵に…

天敵に心を折られたでござる。
もうだ、もうやれんよ(笑)
posted by ソニック@au4 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2010年12月08日

ポストが遠いな〜、おい「ベライゾン、LTEのCM」

アメリカの携帯電話キャリア最大手のベライゾン・ワイヤレスのCMです。
著名な誰かが、
「ワイヤレスとは移動を意識しないWi-Fiなどの事を言い、移動を意識する携帯はモバイルと言う」
とワケの分からないことを言ってましたが、とにかく、アメリカ最大手の携帯電話キャリアはベライゾン・ワイヤレスです。
日本では第3.9世代と言われることもあるLTEですが、海外では普通に第4世代と言われています。


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ED5j7FOXsvU

しかし、ポストまで遠いな〜、おい。
それと、アメリカの人は通販で携帯を買うのかな。
posted by ソニック@au4 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

最近の近況

昨夜からのツイッターの自分の書き込みを、まとめてみる。

「僕は騒音車走らせたりして、しょーもない、ホントにしょーもない、迷惑かけてないから良いじゃない。こう言う人が恥ずかしいんだのに」


「明日休みだから僕は良いけど、マフラーの諸氏うるさいよ。迷惑かけんなよ。」(深夜)
マフラーとは、騒音バイクや騒音車で騒音まきちらしながら走る集団の事。「ザ・マフラー」と勝手に呼んでいる。

「うわ〜っ。ヤダな。最近、「結婚せーへんの?」って言われるけど、するわけない。お金の問題もあるけど、僕自身が相当イヤがってる。僕自身がイヤがってることはしない。恋愛とか、イヤイヤするもんじゃないでしょ。僕はツラいんだよ。自分が思ってる以上に敬遠されてることを知るべき。体が震えるし」


「自分のまき散らす、マフラー騒音にでも酔いしれときな。迷惑者」


「スゴいな〜〜。みんなが、そのウンコみたいな汚い騒音に惚れ惚れしてくれるって、思い込んでるんだもんな〜〜。かなわんわ。」

「また、騙されたか。騙す人を信用してはいけない。物事には、ルールがある。だから嫌い。」

昨日夜から、今日の昼までの、自分のツイッター書き込みからの抜粋です。

しかし、今日は気持ちよく、見損なった。
posted by ソニック@au4 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

光の道アンケートは、迷惑メールでもない?

料金案内 兼 光の道アンケート メール



いつぞや話題になった、光の道アンケートメールです。
ソフトバンクは加入者にこんなメール送ってるのかと、批判にあいましたが、内容はともかくとして、迷惑メールでもないんです?
実は、無料受信できる「料金案内メール」の下側にオマケで付いてきてるだけなんです。
料金案内メールを受信してる人のメール受信数は増えないですね。
パケット数も増えますが、パケット代無料メールですし…。
ただ、料金案内メールを受信してない人に送ったのかどうかとかは、分からないですが…。
posted by ソニック@au4 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

防水携帯の電池パックの防水保護

さて、昨日は、TCAによる携帯電話・PHS・BWA(ブロードバンド・ワイヤレス・アクセス、現時点ではUQ WiMAXのこと)の加入数が発表になり、夜10時からはテレビ東京系「ガイアの夜明け」にて、auの「Skype au」が取り上げられることもあり、楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。
僕の住む和歌山県も、非テレビ東京系のテレビ和歌山が「ガイアの夜明け」を放送しており、乗り遅れずに見ることができました。
まー、昨日は、そんな携帯電話な1日だったんですが、僕は明日(て言うか記事の整合性を取るなら今日)休みを取っていますので、せっかくだから、ブログを更新したいと思います。

で、今日のネタは、僕の持つ防水携帯「ソフトバンク823P」と「ドコモF-06B」がどのように、電池パックを水から守ってるのかを、写真を通じて書いてみたいと思います。

CA3F0030.JPG


写りはきれいじゃないですけど外観です。黒がF-06B、緑が823Pです。
823Pの二つ折りのフタは、風呂への持ち込みすぎで、ワンプッシュオープンのギミック部に入った風呂の湯が抜けきっていないのか、なんだかよく分からないけど、そんな理由できれいに閉まらないのだと推測しています。

次に電池パック部です。

CA3F0031.JPG



F-06Bは銀色の板で「これ以上、水入るなよ」としているのに対し、823Pは電池ブタに取りつけられたゴム製のパッキン(写真では分かりづらい)で、浸水を阻止しているようです。

CA3F0032.JPGCA3F0033.JPG

最後に何となく写真です。F-06BはフルHD動画を撮影できます(しつこい)。Wi-Fi(親機にも子機にも)にも対応していますが、こちらの感度は悪いようです。
posted by ソニック@au4 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2010年12月07日

F-06Bは感度悪い(ほろにが風呂デビュー)

F-06B風呂デビューさせたが、散々な目にあった(漏水?はしていないけど)。
Wi-Fi感度悪い(おそらく端末の仕様)。ワンセグ、国営放送を含め、全滅(風呂場で)。
フルHD動画カメラとして利用するのが、正しい使い方のようだ。

一般兵「大佐、キシリア様から入電」
シャア「読め」
一般兵「受信に失敗しました。FOMA網へ切り替えますか?」
シャア「お断りしろ」
一般兵「は」
シャア「ギレン総帥の演説でも見るかな」
一般兵「国営放送を含め全滅です。FOMA網で遊びますか?」
シャア「お断りだ」
一般兵「は」

ふー、調子に乗って、面白くもなく、似てもない、ワケの分からないモノを書いてしまった。
ここはゴエモン調に、「また、つまらぬモノを書いてしまった」と言うべきか。
posted by ソニック@au4 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

2010年12月05日

ドコモ「F-06B」を新規で購入

ドコモ「F-06B」を新規0円で購入しました(条件としてフォトパネルも購入)。
F-06Bは、防水、Wi-Fi(子機にも親機にも登録可)、フルHDカメラ、タッチパネルと、なかなかのハイスペックモデルであります。
しかし、Wi-Fi子機モードではフルブラウザしか使えないらしく、ガッカリしております。
iアプリでも、Wi-Fi環境下(子機)で使いたかっただけに、非常に残念。
良い意味でも、悪い意味でもガラケーですな。

って、本当はジグツイ(ツイッターのiアプリ)を風呂で、Wi-Fi環境下(子機)で、パケット代払わずに使うつもりだった予定が崩れただけなんですが…。
フルブラで風呂ツイッターしますか?

あと、ドコモ初契約です。
posted by ソニック@au4 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事

auの来夏のフラグシップモデルはこれしかない

ツイッターで教えられましたよ、「G'zOne Brigade」 を。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100312_354316.html

G'zOne Brigade オープン
G'zOne Brigade クローズド

アメリカのベライゾン向けに発売されており、通信方式は、CDMA2000 1x EV-DO Rev.A(800/1900MHz)に対応してると。
1900MHzは日本では使えないけど(PHSの帯域ともまた違う)、このまま持ち込んでもauでは使えるみたい(新800MHz帯で)。
これをAndroidにして、さらにスナップドラゴンのデュアルコアでも乗せて(来夏じゃ無理なのか)、メモリーもドドーンと乗せて、デザインを少し工夫したら、日本でも大売れでしょう。
IS01の後継機にピッタリな気がする。

来夏のauのラインアップになかったら、ちょっと、センスを疑う。
posted by ソニック@au4 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レギュラー記事