2010年02月20日

雪玉を全力押し

変な家電(固定電話)までかかってきた。なんなの?なめてんの?「まったく大した女だぜ」
posted by ソニック@au4 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

恋愛の最下位

「恋愛の達人」じゃなく「恋愛上級者」だった。静かになったの確認して見るの再開したのに、また、スピーカーで買い取りウンヌンて何なの?「まったく大した女だぜ」
posted by ソニック@au4 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

恋愛の達人で大した女

「ひだまりスケッチ」で「恋愛の達人」を見出してから、回収買い取り業者やかましゃー。まったく大した女だぜ。
posted by ソニック@au4 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

クソしたし寝よ

クソもしたし寝るか「まったく大(便)した男だぜ」
posted by ソニック@au4 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2010年02月19日

まったく負け戦にしつこい

まったく負け戦にしつこい女だぜ、じゃなかった「まったく大した女だぜ」
posted by ソニック@au4 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

雪玉が斜面を転がり出した

こうなったら「雪玉が斜面を転がり出したら押せ」だ。母が1階で暴れだした。「まったく大した女だぜ」
posted by ソニック@au4 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

はっ、はや

正直、こんなに早く使えるとは思わなかった
posted by ソニック@au4 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

大した女、再降臨

またもや通信障害発生。ほんまヤクザ未満の女、じゃなかった「まったく大した女だぜ」
posted by ソニック@au4 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

次元大介は僕の役だ

次元大介のモノマネもしたかった「俺たちを売ろうって言うのか?まったく大した女だぜ」
posted by ソニック@au4 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

トリプルプレーとイヤガラセ

WBSにKDDIとJ:COMガラミのトリプルプレー特集来た。だけど意味不明のイヤガラセも来た。今週はアニメ1本も見れてない(爆)ビデオ予約したら、もう寝ます。もう無理。もうこれ以上、ヤクザを信じられない。て言うかこの表現、本物のヤクザにも失礼。
posted by ソニック@au4 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2010年01月18日

「カギ付きカバー」「SBI証券にTEL」「給与体系変更か?」「母の陰湿さで鬱に」

今日は朝イチで仕入れ担当者がカギ付きカバーを大30と小30(僕の当初希望数は小50)注文してくれました。あとは頼んだぞ、メーカー。

昼休憩にSBI証券に電話し、パスワードの再発行を依頼しました。明日夕刻に郵送してくれるとの事です。

4月から給与体系が変更になるとの通知がありました。正式な通知はまだですが、かなり不安です。

夜フロから出て自室に入ると、ブルーレイレコーダーの電源が入りっぱなしになってました。実は、今日忘れ物をして、一度自室に戻ったときに、ビデオの録画ランプが付いてるかどうか確認してます(自室に入るときに確認するのは日課です)。その時は1番組録画中、電源OFF状態でした。誰かがブルーレイレコーダーにさわってます。陰湿な臭いがプンプンします。
posted by ソニック@au4 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2010年01月16日

カギ付きカバーが注文されない理由

実は金曜日の早朝、仕入れ担当者がシステムのエラーで、早朝出勤している。僕がたまに当たる「お客様からの電話を聞いて処理する当番」と違い、システムの当番は、それこそ24時間いつ当たるか分からない。イヤガラセが働いたのかもしれない。それに加え、棚卸し前だから、仕入れたくないのだろう。ホントに困った話である。

1分
posted by ソニック@au4 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2010年01月15日

注文するタイミングってのがあるのだよ、ソニック君

どうやらカギ付きカバーは、年度末の棚卸しに向けて、このタイミングでは、あまり注文したくないようだ。ピーンチ!!
posted by ソニック@au4 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2010年01月14日

「6日にお願いしたカギ付きカバー」「ひぐらしを見ていると」

今日仕入れ担当者に聞いてみると、6日に頼んでおいたカギ付きカバーは、注文するのを忘れていたそうです。まー、この返答はまだ良い方です。前任の担当者の時は、「メーカーに在庫がなく、〇日に作る(在庫を確認するだけで1週間超経過)」「(運送会社のドライバーから)どう行ったら良いんかな?(道が分からない)」など、とにかく品物が届くまで、油断のできない商品です。

それと「ひぐらしのなく頃に」ですが、鬼隠し編と綿流し編を見てみましたが、どうあっても主人公は死ぬ運命にあるような気がします。なんか、ひぐらしのヒロインを見ていると、「なんか、アイツを見ているみたいでイヤになってくる」。

なんか、カギ付きカバーの件もあって、リアルでもナチュラルにアイツを拒絶し始めているみたいです。
posted by ソニック@au4 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2010年01月06日

ナンギ商品の注文を依頼する

今日は事務所で、ナンギ商品の注文をお願いしました。このナンギ商品とは、商品自体はシンプルで便利なのですが、何故か商品の仕入をお願いしても、なかなか届かないと言う意味でナンギな商品です。この商品は「ここに触るな(さわるな)」と言うところにカバーをして触れなくする、いわゆる「カギ付きカバー」です。今回このカバーを小50個と大30個、仕入担当者にお願いしました。いつ入ってくるのか気になります。ちなみに、頼んでから2、3ヶ月届かなかったこともあり、担当者に仕入れてほしいと、言うのがイヤな商品でもあります。しかし、必要な商品だから、きちんと仕入れてね。
posted by ソニック@au4 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2009年12月26日

冷静に書いてみる

アイツの悪いのは、何か言いたい事や、イヤなことがあった時に、うまく感情を表現できないために、ムチャクチャなことをするところ。だから迷惑なんよ。そして人を監視していたり、不特定の第3者を大量に使ったり、ヤクザだったり、とにかく迷惑だ。そして、人を精神病にした責任も取ってない(謝罪と賠償と投獄≪傷害罪≫?、ちなみにフルエが止まらなくなるなどの症状が出ている)。他にもいろいろ悪いところはあると思うけど、今はこれだけにしておく。
posted by ソニック@au4 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2009年12月23日

権力を誇示したいバカなんでしょうな

関西テレビの「24」を見ていると、少年がジャック・バウワーとか言う人からナイフを盗もうとしたシーンで、データが途切れ突然画面が真っ暗になった。権力を誇示したいバカなんでしょうな。ちなみにうちの地デジは関西電力子会社のeo光テレビのパススルーサービスで映ってます。ちなみにこのシーンは、少年がジャックとうまく時間をかけて話し、適当なタイミングで去ろうとしたところで、ジャックに再度声をかけられると言う、小さな内容ながら、バレるかバレないかのドキドキのシーンで、ジャックに再度声をかけられた瞬間にピンポイントでデータが受信できなくなり、画面乱れ、1、2秒ほどで回復しました。僕に言わせれば、完全なイヤガラセで、対価を支払っているので、当然受けられるべきサービスの妨害ですな。これは法律にも違反しそうですな。今までに何度も何度もあったことだけど(アニメ「To LOVEる‐とらぶる‐」の一瞬のパンチラシーンで画面乱れる。NHKで「ブログが若者にとって重要なコミュニケーション手段になっている」論議で画面乱れる等々。画面が乱れるタイミングは、かなりピンポイントでねらってきてます。他にはiTunesで、その日1本目のセクシーアプリのダウンロード時にiTunesが固まると言う現象も起きてます。セクシーアプリ以外を数本ダウンロードした後で、セクシーアプリをダウンロードしたら、その1本目のセクシーアプリで固まりました。データの流れをかなり遅くすると、iTunesが固まるか固まったようになるのではないかと勝手に推測中です。回線はもちろんeo光です)。
posted by ソニック@au4 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2009年12月19日

前のママゴトの記事の続き

前の記事が長すぎて、携帯から編集するには支障があるので、別記事に続きを書く。4年生になり転校し、新しい小学校へ来ると驚いた。男子と女子の間には明確な亀裂があるのだ。男子は基本的にふざけまくっており、基本的に女子の話を聞かず、中には謎のオリジナルのギャグを持ち、さらに新ギャグの開発に余念がない人も数人いた。女子はクラスの話など男子と話さなければいけない話を男子が聞いてくれないため「男子って、ホンマにムカつくわなー」とか平気で言っていた。そんなこんなで、新小学校では、前みたいに女子と仲良くはなりませんでした。時々思うが、転校しなければどんな風になっていたか、気になる。
posted by ソニック@au4 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

ふるえるが、いろいろ書いちゃお

昨日の生徒会の一存の放送中も、そして今も、イヤガラセに余念がないようなので、ダビング中で、ふるえるが、幼少の話を書いてみる。僕は小学校の3年末まである小学校に通い、4年の始めに違う小学校に通い出した。今の家への引っ越しによる転校だ。小学校の1年生から3年生を終えるまでの丸3年間、僕は非常に女子と仲が良かった。クラスの男子はみんな、昼休憩にはサッカーをするのだが、運動オンチの僕は、サッカーをしてもボールにさわれもしないことがほとんどだった。昼休憩中、さわれもしないボールを追いかけることに楽しみを見いだせなかった僕は、3年生末にいたるまで、女子とママゴトをして遊ぶこともめずらしくなかった。このように、運動オンチの結果、女子とよく遊んだのである。それもママゴトでいつも僕がするのは赤ちゃん役。幼少の頃から、女子友達に甘えまくっている。しかしそのくせ、今となっては誰1人として、女子友達の名前を覚えていない。薄情なヤツである。このママゴト、女子からお父さん役を頼まれるが、たった1人の男の僕がお父さん役を蹴り、赤ちゃん役になるため、ママゴトとして成立していたかどうか分からない。しかし、時々、クラスの男子からママゴトに加わりたいと相談されることもあり、じゃあ、と女子の輪に入り一緒にママゴトをしたこともあった。そう言う男子は空席のお父さん役にすぐになれるが、あまり長くは続かなかったと思う。このように、ママゴトは僕にとっての常連の遊びだったのだ。3年生と4年生の間の春休みに、僕は転校前の最後に小学校へ行ってみようと、小学校へ行った。するとママゴト遊びの女子が遊んでいたので、一緒に最後のママゴトをした。この日のママゴトはいつもと空気が違い、女子との物理的距離が近かった。息苦しくなったのでジャングルジムの一番上に上がると、いつの間にか女子も全員ジャングルジムに上がっていた。広い場所へ行こうとジャングルジムから下りる最中に、1人の女子が「そこからやとスカートの中、よく見えるやろ」と言ってきた。上を見上げると、当時の感想としては、必ずしもよくは見えなかったが(今の判断基準だと『大変よく見えていた』になるレベルだと思う)、とりあえず「よく見えるわ」と答えておいた。すると女子がコショコショと話し合いだし、1人反対する女子もいたが、すぐに全員合意し、記憶によると鉄棒の前に女子が一列にならび、左から順番に、自分のスカートをまくりあげていった。そして最後のママゴトが終わった。と言う感じのママゴト男子でした。
posted by ソニック@au4 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選

2009年11月21日

テレビ色々

昨日深夜、バラエティー「笑撃ワンフレーズ」、ドラマ「深夜食堂」、バラエティー「ノブナガ」(途中まで)と毎日放送をリレーして見た。深夜食堂で売れない芸能人(女)が売れて新聞配達員の苦学生の男とうまくいかなくなった話を放送した。なんでも女芸能人は、新聞配達苦学生じゃなく、IT社長と結婚するそうです。続くノブナガでは、大阪日本橋(東京で言うところの秋葉原のようなオタクの町)で頑張る売れないアイドルユニットの話が放送された。何でも11月のコンサートに何としても200人集めたいと言っていた。11月って今月のことで、明日(昨日現在)から3連休じゃん。正直「まさか」と思った。だって昨日職場で「最近大阪へ行けへんの?日本橋とか」って言われたから。その時は「最近、行ってへんなー。でも前にメイドパレードの日、(日本橋から近い)難波で(鬼太郎の)ねこむすめ(のコスプレした女の子)見たでー」と答えておいた。
少し間を開けてBS日テレ「生徒会の一存」を見た。主人公・杉崎になついた女子小学生に生徒会メンバーが嫉妬(しっと)する「嫉妬する生徒会」と言う話だった。生徒会メンバーはツンカスばかりのため、デレデレの女子小学生はキツいのだろう。「逆立ちしたって、ツンはデレにはかなわない」と言う持論を証明してくれた。
一夜明け、朝っぱらからイヤガラセでもめにもめ、午後も緊張でエネルギーを消費したのか空腹に悩み、夕食時には読売テレビ「名探偵コナン」を見た。小山力也の毛利小五郎、ありゃダメだ。あわない。フロから出て、毎日放送のドラマ「小公女セイラ」を見た。初めて見た上、話の途中からだったが、何となく分かった。セイラは苦しい毎日の中でも、自分の掲げる正義を曲げない強い子だ。そのセイラの正義は少し古くさく、やや時代にあっていないような純粋さを持つ。現代人はそんなに純粋ではない。しかし、セイラは自分の信じる道を貫き通そうとするので、腹が立つのだろう。これは大人の見るドラマではなく、子供向け教育ドラマだ。純粋さを失った大人がケチをつけるようなドラマではない。本来アニメで作るところを、ドラマで作っただけのドラマだ。大人で見たければ、主人公・セイラ役の志田未来ちゃんがイジメに苦しむところだけ見てれば良し。
キッズステーションで「銀魂」の一挙放送をしていたので「ふよう編」だけ見てみた。なかなか面白かったが、劇場版のCMが気になった。「ゴールデンから左遷(させん)されたあのアニメが、まさかの映画化。劇場版『銀魂‐新訳・紅桜編‐』」てナレーションは良かったのだが、なんだよ、ただの再編集映画じゃねーか。完全新作じゃないのね。それとキッズステーションは、銀魂の一挙放送で年を越すそうです。大晦日の午後8時から元旦の午前8時半までだったかな。一挙放送ってヘビーだよね。
posted by ソニック@au4 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作?選