2010年10月17日

インデックスとレールガンをイヴ風のマルチサイトにしてみる

誰も読みたかないだろうけど、今日はレールガンの最後の話「ポルターガイスト事件」を題材にマルチサイトシステム(複数視点システム)について書いてみたい。これ以降、レールガンとイヴ・バーストエラーの話の組み合わせになるので、要注意。

レールガンのポルターガイスト事件に当麻のストーリーを組み込むのは実に簡単だ。ストーリーのキーパーソンの木山とカエル先生に、ストーリーの核となる、あの赤の物体を探すのを頼まれ、引き受ければ良い。これで、ストーリーは完成する。

そうすると、御坂が必死に探している木山が、当麻編では冒頭から登場することになる。視聴者は御坂が木山を探せば探すほど、「当麻に相談しろ」等と思うので、意外と盛り上がる。御坂と当麻の会話シーンなどが挿入されると、ますます「早く相談しろ」と盛り上がる。

しかし、木山とカエル先生が当麻に事情を話しすぎてはいけない。物語の謎がなくなり、盛り上がらなくなる。当麻はカエル先生を信頼してるはずだから、カエル先生に「人の命を救うのに必要なものなんだ」とだけ言ってもらえれば、それで良い。子供の話などは話さなくてよい。謎がなくなって困る。

イヴ的なこんなマルチサイトしか思い付かないが、御坂が木山を探すのは、盛り上がるはずだ。それは、当麻の視点を通じ、視聴者が御坂より上の立場に立てるからだ。そこで視聴者が御坂を応援しても良し、少し見下しても良し。二人の視点を通じ、視聴者は二人より先行して、物語の真相を考え楽しめばよい。マルチサイトシステムとはこんな感じのシステムだ。

おっと書き忘れた。この話では、主人公である御坂と当麻は、実は同じ事件を追っかけてると言うことにすら気付いていないので、「なんだか、よく分からないけど、アンタも大変ね」「ああー」ってな感じの会話でもオーケー。会話シーンがあれば、それで良いのだ。
posted by ソニック@au4 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作短編小説

2010年09月13日

第一回SBR調査報告

モリバヤシ「孫社長は光の道、成功のアカツキには、世間を騒がせた責任を取り、保有株全株を次期社長に無償譲渡し、自らは引退する作戦だったんだ。そのためのSBアカデミアだったんだよ」
SBR一同「な、なんだって!?」
posted by ソニック@au4 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作短編小説

2010年09月01日

プルトニウム研究都市の女富豪に接触せよ

今朝見た夢の話でも書いてみよ。
地下の大空洞に作られたプルトニウム研究都市の女富豪と接触する必要があった僕と他一名は、地下都市の衛兵の要求する「首の皮一枚つながった生きた猫」を用意するのを早々にあきらめ、「生きた猫の煮物(別名:入浴中の猫)」を用意し、地下都市に向かった。プルトニウム研究都市の衛兵は、無情にも「生きた猫の煮物なら一人しか通さない(一人しか地下都市に入れない)」と通告してきた。命の危険を感じた僕は、連れのイケメンに全てを託し、命からがら地上に逃げ帰った。終わり
posted by ソニック@au4 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作短編小説

2010年07月22日

30分はかたい「まる子、サンセットクルーズに行く」

「まる子、サンセットクルーズに行く」の反発が大きくてムカつく。永沢・藤木の「男同士だから行けないね」「藤木君行きたいのかい?」な会話や、ヒロシが釣竿を持ち込もうとした話や、花輪君が豪華マジクルーズで横切ったり、タミーが「まるちゃん詐欺られるよ」って心配したり、色々考えてるのに
posted by ソニック@au4 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作短編小説

目指せ、脚本家デビュー

「まる子、サンセットクルーズに行く」。1人2800円、男女ペア4800円のサンセットクルーズにまる子と父ヒロシの2人で行く話。洋上の漁船と言う名の密室に漁師を含めた3人で閉じ込められ、まる子は「オシッコをしたい」とウソまで言って、帰りたがる話です。フジさん、いかが?
posted by ソニック@au4 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作短編小説

2010年05月11日

短編自作小説『小さい男』

電算部長「今日は電算部の会議に営業部の君を呼んだのは他でもない。我が社で導入予定の次世代新システムについて、営業部の君の意見を聞くためだ。よろしく頼むよ」

営業部平社員「よろしくお願いします」

電算部長「さて、検討中の我が社の次世代新システムだが、営業部の社員全員にiPadを支給し、外出先からiPadを使い社内サーバにアクセスし、顧客情報の照会と更新。さらに地図データも用意し、iPadのGPS機能も利用し、外出先から顧客の家までナビゲートしてくれる。そう言うシステムを導入しようと考えているんだが、営業部の君はどう思うかね?」

営業部平社員「ダメですよ。そんなシステム」

電算部長「どうしてかね?もう、紙の地図帳を持ち歩かなくても良いし、顧客情報を得るために、電話かけてこなくても良いんだぞ」

営業部平社員「ダメだ、そんなシステム。ダメな物はダメだ」

電算部システムエンジニア「君、部長に対して失礼じゃないか!?理由ぐらい述べたまえ」

営業部平社員「だって、iPad壊しちゃったら、どうするんですか?iPad壊しちゃったら、上司に怒られるじゃないですか?」

電算部システムエンジニア「ちっさ」


※ 電算部 = 電子計算機部 = 情報システム部 です
posted by ソニック@au4 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作短編小説